【沖縄紅型】歴史と特徴、模様やその意味とは?

紅型

沖縄の伝統的な染め物といえば「紅型(びんがた)」があります。観光施設の体験コーナーでも人気がある紅型には、あまり知られていない歴史や特徴、さらに独特の模様には深い意味が込められています。

紅型の歴史とは?

紅型がいつごろに発祥したものであるかについては、はっきりとした記録が残っていません。ただ少なくとも中国との貿易によって上質な絹が手に入るようになった14~15世頃にはすでに紅型は琉球で発祥していたといわれています。

それを裏付けるのが、中国の歴史博物館に残る琉球の紅型です。これを見る限り少なくとも琉球の紅型は、高級な貿易品として中国に渡っていたことが分かります。

琉球紅型は中国の型紙技法や京友禅の手法を取り入れ独自に発展していた

沖縄の紅型といえば、鮮やかな黄色が目に留まります。黄色は当時大国といわれていた中国では「高貴な色」とされていたため、中国をはじめ東アジア諸国との貿易によって富を得ていた琉球王国にとって貴重な貿易品であったことが分かります。

とはいえ琉球の紅型は、中国の影響だけが反映されたものではありません。周りを海に囲まれ貿易のハブ拠点として栄えていた琉球王国は、日本やインド、ジャワ地方など様々な国々の文化や技法が貿易品とともに入ってきました。そのため日本の京友禅の技法やジャワ更紗などの技法を取り入れながら琉球独自の技法として確立していったのが、現在にまで伝わる琉球紅型の原点にあります。

琉球国内でも非常に珍重された琉球紅型

琉球紅型の魅力といえば、鮮やかな色彩と独特の模様があります。特に当時の琉球では身分によっても身に付けて良い色や柄に決まりがありました。そのため王族や士族たちは美しい型紙やデザインを生み出す職人たちを手元におき、オリジナルのデザイン紅型を作らせていました。しかも自分たちが身に付ける紅型と同じものが出回らないようにするため、職人たちが必至な思いで彫りあげた型紙は、一度使うと焼却処分してしまうほどでした。

このことからもわかるように紅型は、手間と高い技術を要する職人たちの作品でした。手間のかかった紅型ほど希少価値が上がり、それらを身に付けることそのものも当時の王族・士族たちのステータスの証でもあったのです。

紅型の産地はどこ?

いかに紅型の技術が発達しようとも、当時それを身に付けることが出来るのは王族・士族にかぎられていました。庶民が身に付けることは禁止されており、今のようにどこにでも紅型を使った製品が出回ることはありませんでした。

つまり当時の紅型は、特権階級の人々のみに許された最高級の贅沢品。そのため職人たちも王族や士族たちが住む当時の首都・首里に集まっていました。

今では祝いの席の正装としてだけでなくカジュアルな小物などにも紅型が使われるようになったため、一般庶民にとっても身近な伝統工芸として広く親しまれるようになりましたが、かつてはそれこそ一生に一度目にすることがあるか・ないかの世界。庶民にとっては高嶺の花どころではなく、雲の上の存在だったに違いありません。

ただ当時の名残りとして紅型の工房は、今でも当時と同じ首里城周辺に多く集中しています。

琉球紅型の模様に込められた意味とは?

そもそも紅型という言葉は「色」と「模様」を組み合わせたものという意味があります。紅型の「紅」には色彩という意味があり、「型」は生地に描かれる模様を意味します。そのため紅型は色彩の鮮やかさだけでなく、そこに描き出された模様に注目するのも楽しみ方の一つです。

ちなみに紅型で描かれる模様をよく見てみると、「中国的な模様」「和風な模様」「沖縄風の模様」の3つがあることが分かります。

中国的な模様の代表例
紅型の中でも古典柄の多くは、中国の要素が強い模様が多くみられます。特に中国では「龍」「鳳凰」は権力を象徴とされているため、古典柄の中で多く見られます。
和風な模様の代表例
日本とも貿易を行っていた琉球王国では、日本の有名な染め技術も貿易とともに入ってきました。そのため沖縄では見ることがない「萩」「雪輪」「牡丹」なども琉球紅型の代表的な模様として使われています。
沖縄風の模様の代表例
沖縄風の模様の特徴は、南国地方特有の植物が描かれているところにあります。もともと四季の変化があまり大きくない沖縄では、一年中色鮮やかな花や草を見ることが出来ます。そのため沖縄では定番の「ハイビスカス」「デイゴ」「アダンの実」などは季節を問わず身に付けることが出来る模様として重宝されています。

かつて世界を魅了した紅型は今や沖縄の名物土産に

かつては世界の国々で貴重な貿易品として取り扱われていた紅型も、現在では様々なものに使われるようになってきました。特に若い紅型職人が増えたことによって、これまでは高級衣装としての価値しかなかった紅型も、トートバッグやTシャツ、傘や小物入れなど手頃なアイテムに取り入れられるようになっています。

琉球の歴史と今を感じることが出来る沖縄紅型。沖縄を訪れたら、ぜひあなただけの一点物の紅型を見つけてみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする