これだけは必須?沖縄旅行に必要な持ち物紹介

旅行

旅行の際に必要な持ち物はいくつかあるのですが、旅行先によっては一般的な持ち物とは別に必要とされてくるものが出てきます。特に沖縄は本州や北海道と違った気候となっているので、通常の旅行で必要とされている持ち物のほかにも沖縄旅行ならではの必須アイテムがあるのです。

紫外線対策グッズ

まず多くの旅行経験者が必須だと指摘する持ち物としては「サングラス」「日焼け止め」が挙げられます。

沖縄は常夏の島であり、本州と比較しても日差しや紫外線の影響が大きい地域となっています。そのためサングラスで紫外線から目を守る必要がありますし、日焼け止めを塗っていないとすぐに日焼けしてしまいます。肌が弱い人や露出した服装をしている人の中には、一日中ビーチで遊んでいたところ日焼け止めを塗っていなかったところが重度の火傷になってしまった事例もあります。

そのため外で観光をする際には必ず日焼け止めを塗るようにして、こまめに塗りなおすなどの対処が必須となっています。万が一日焼けをしてしまった場合の対処として、「クールダウンジェル」を持参しておくのも便利です。こちらは必須ではないのですが、荷物に余裕があれば用意しておくのがいいとされています。

虫除けスプレー

虫除けスプレーに関しては沖縄は自然が多いほか、気候などの影響で蚊が発生しやすい地域だと言われています。そのため虫除けスプレーは常備しておかないとホテルにいても刺されてしまう可能性がありますし、万が一刺されてしまった場合の対処としてかゆみ止めを準備しておくのも大切です。

ただ、沖縄本島など都心部のホテルやリゾートホテルなどであればそれほど外注を気にする必要もないかと思います。山奥や田舎で宿泊するのであれば注意が必要です。

マリンスポーツグッズ

ビーチなどマリンスポーツを楽しむ人の場合は「ビーチサンダル」「水着」「日傘」なども必須の持ち物とされていて、ビーチサンダルに関しては通常のタイプのほかに水中でも脱げないようなタイプのものを用意しておきます。沖縄旅行の中でもいくつかの離島を旅行する場合は、「懐中電灯」「シャンプーやリンス」「ドライヤー」などの持ち物も必須です。急な雨対策として「折りたたみ傘」や「レインコート」を用意しておくのもおすすめとなっています。

ホテルによっても設備が異なる為、なんとも言えないのですが、通常のホテルであればシャンプーやリンス、ドライヤーの用意がありますが、離島の民泊やゲストハウスなどなるべく金額を抑えた施設に宿泊予定の場合は事前に確認し、必要であれば自分で用意するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする