沖縄の寿司屋には変わり種寿司ネタがいっぱいある

寿司

沖縄の魚市場を覗いてみると、本州では見たことのないようなカラフルな魚がいっぱい!となれば気になるのが、沖縄の寿司屋の変わり種寿司たち。今回は、沖縄ならではの食材を使ったご当地寿司を紹介します!

海ブドウ軍艦

海ブドウは沖縄土産としても人気が高い食材です。ほんのりと塩味が効いているうえに、プチプチとした食感が面白い海ブドウは、寿司屋だけでなく県内の居酒屋、食堂などでもよく見かけます。

海ブドウの場合はシャリの上にのせてもすぐに落ちてしまうので、軍艦巻きにして食べるのが定番。豪快に海ブドウを食べたいのであれば、シャリの上にドカンと海ブドウを乗せた「海ブドウ丼」の方がおすすめです。

ミミガー

ミミガーとは、「豚の耳の皮を薄切りにしたものをピーナッツベースの味噌だれで合えたもの」をいいます。沖縄家庭料理というよりは宮廷料理に近く、沖縄では正月や節目の行事などに出されることが多いため、見た目以上に高級料理です。

そんなミミガーを寿司ネタとして出す場合は、軍艦巻きにするのが一般的。シャリの上にそのままのせてしまうとどうしてもこぼれ落ちてしまうため、この形にするのがベストなのでしょう。

ポータマ

ポータマというのは、沖縄では「ポークとたまご」の略。沖縄県民にとってポータマはタダのおかずではなく、立派な一品料理でもあります。最も沖縄でポピュラーなのは、ポータマを挟んだおにぎり「ポークたまごおにぎり」。手を汚さずにごはんとおかずを一緒に食べられる画期的なおにぎりなので、沖縄県内では子供から大人までみんなが大好きな食べ物です。

それだけ人気があるポータマですから、もちろん寿司ネタとしてもバンバン登場します。ポータマのお寿司には2タイプあり、「ポークたまごおにぎりのシャリバージョン」と「ポークたまごを食べやすいサイズにカットして軍艦巻きにしたタイプ」があります。

ちなみにポークのみをシャリの上にのせたものもあるため、沖縄の寿司事情としては「比較的幅広くポークを使っている」といってもよいでしょう。

ナーベーラー

ナーベーラーは和名「へちま」のこと。7月に旬を迎える夏野菜で、沖縄では味噌煮や炒め物として食べることが一般的な食材です。ただし生でも食べることが出来る為、実は寿司ネタとしても登場することがあります。

寿司ネタとして食べる時には、甘めのみそだれをつけて食べます。サラダとして生食することもあるナーベーラーなので、他の島野菜とあわせてサラダ感覚で食べると美味しいです。

どぅるてんロール

どぅるてんは「田芋のてんぷら」のことです。てんぷらと言ってもどちらかというとコロッケに近い食べ物なので、沖縄の家庭料理としては定番です。ただし見た目が地味な割には手間がかかるので、あまり頻繁に食べられるものではないのも特徴にあります。

そんなどぅるてんを寿司ネタとしているのは、非常に珍しい…。もしもこの寿司ネタを食べたいのであれば、『琉球回転寿司 海來』へどうぞ!ここならどぅるてんロール以外にも、たくさんの変わり種寿司が食べられます。

ゴーヤー

ゴーヤーを使ったお寿司には2タイプあり、「オニオンとツナをマヨネーズであえたものを軍艦巻にしたタイプ」と「かっぱ巻きのようにゴーヤーを巻き込んで食べるタイプ」があります。

苦みがきついと食べにくさがあるゴーヤーですが、さっと湯通ししたり塩でもむことによって苦みを和らげることが出来るので、寿司ネタとしては比較的ハードルが低い野菜です。子どもの場合はゴーヤー独特の苦みがあるので、ツナとマヨネーズを和えた軍艦巻きの方が食べやすいかもしれません。

チキナ―

チキナ―はいわゆる青菜のお漬物のこと。もともとは「シマナー」と呼ばれるからし菜のことで、塩でつけたもののことを「チキナ―」と言います。そのまま炒め物にすることもありますが、島豆腐やポーク、島野菜などと一緒に炒めるチャンプルー料理として食べるのが沖縄では一般的です。

そんなチキナ―は、おにぎりの具としてもよく登場します。塩味のきいたチキナ―とごはんの相性がいいので、そのままおにぎりにしたり、ポークや卵、ツナマヨと併せて食べるのも人気があります。

さらに沖縄の島野菜としては定番の食材なので、寿司ネタとしてチキナ―を使うこともあります。この場合は塩気を控えめにし、あっさりと食べることが出来るようにするのがポイントです。

AKB

変わり種沖縄寿司ネタの宝庫である『琉球回転すし 海來』からのエントリーです。メインは海老なのですが、そのネーミング自体はかなりこの店独特の感覚。ものすごくシンプルに味を説明すると、「海老の上にカレー風味のマヨネーズをあぶったお寿司」のこと。つまり「A=あぶり、K=カレー、B=エビ」ということらしいです。

ちなみに今回は「ちょっと面白いネタ(寿司ネタ)」という感じで紹介しています。

タコライス(またはタコス寿司)

沖縄のソウルフードであるタコライスを寿司バージョンにするという、アイデアとしては比較的わかりやすいタコライス寿司。レタス・トマト・チーズの組み合わせがスタンダードなタコライスですが、ストレートにタコライスの具をトッピングする場合もありますし、かなり独創的なアレンジをしている場合もあります。

タコライス寿司(またはタコス寿司)には軍艦バージョンもあれば、シャリの上にタコライスの具をトッピングするバージョンもあります。タコライスの定番であるチーズの代わりに、マヨネーズとケチャップをトッピングするケースもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする