豚肉を使った沖縄の郷土料理を一挙紹介

「鳴き声以外はすべて食べる」というのが沖縄の豚肉事情。郷土料理を見ればその話が噂だけではないことがよく分かります。豚一頭をすべて食べる沖縄の、豚肉を使った郷土料理を紹介します。

足ティビチ

てびち

「ティビチ」は沖縄の方言で豚足のことを意味していて、「テビチ」とも言います。一般的には豚足といえば焼いて食べることが多いようですが、沖縄ではぶつ切りにした豚足を箸でほぐせるほどトロトロになるまで柔らかく煮込むのが定番です。

ちなみにティビチといっても厳密には「テビチ」と「チマグ」に分かれています。足ティビチのように長時間煮込んで食べる場合に使うのは「チマグ」と呼ばれる部位を使うのですが、「チマグ」も言ってしまえば「テビチ」の一部のことをいいます。つまり足の先のみを切り取ったものを「チマグ」といい、足先も含めた豚足全体のことを「テビチ」といいます。

チマグは皮と骨が中心になるため肉の部分を食べたいという人には向いていないのですが、その分コラーゲンがたっぷりと含まれている為、足ティビチ独特の食感が存分に出てきます。そのため足ティビチ好きの沖縄県民の中には、わざわざチマグのみを選んで購入します。

イナムドゥチ

イナムドゥチの「イナ」は沖縄の方言で「猪(いのしし)」のことを言います。そのためイナムドゥチは「イナ(猪)ムドゥチ(もどき)」という意味で、その昔は猪の肉を使った汁物のことを言いました。いつのころからか猪の代わりに豚肉を使うようになったため「イナムドゥチ」と呼ばれるようになったのですが、沖縄では今でも祝いの席で欠かせない郷土料理の一つでもあります。

豚肉入りのみそ汁なのですが、干しシイタケを入れた白味噌仕立てのみそ汁なので香りが良いのが特徴です。ちなみに沖縄ではイナムドゥチ専用の味噌も販売されており、味噌そのものが甘めの味付けになっています。

ラフテー

ラフテー

沖縄郷土料理の代表といえば、じっくりと味のしみこんだラフテーを思い出す人が多いのではないでしょうか?沖縄の方言ではラフテーと呼ばれていますが、いわゆる豚肉の角煮のことを言います。沖縄では行事の時に欠かせない料理の一つであるため、材料となる皮付きの三枚肉(モモ肉のこと)はスーパーでもよく見かけます。

作り方は一般的な角煮と同じなのですが、三枚肉を味付けする前に一度湯がいたり、湯がき汁を捨てずに泡盛や醤油、黒糖などで甘めのだし汁を作るなど沖縄らしさが見られます。

沖縄では一般家庭でもよく作られる料理でもあるため、家庭によって味付けや作り方がちょっとずつ違うのもラフテーの特徴です。

チムシンジ

チムシンジは豚のレバーを使った汁物のことです。沖縄の方言で「チム」は肝のことを意味しているため、「チム(肝)シンジ(煎じ汁)」といいます。沖縄は琉球王朝時代に中国との貿易によって栄えてきた歴史がありますが、その時に中国の「医食同源」の考え方も一緒に伝わりました。その代表的な郷土料理がチムシンジというわけです。

チムシンジは豚のレバーとともに島人参やシイタケ、ニンニクなど野菜や薬草などと一緒に煮込んだ汁物です。シンプルなのですが栄養価は高く、昔は滋養強壮に良い料理とされていました。

中身汁

沖縄の方言で「中身」は豚の内臓のことを言います。つまり中身汁は、豚の内臓を使った汁物のことです。豚の内臓というとイメージしにくいかもしれませんが、ホルモンといえばわかるでしょうか?つまり中身汁はホルモン料理のことなのです。

お祝いの席や法事料理に欠かせない郷土料理である中身汁は、非常に手間がかかる料理ですので沖縄に住んでいたとしても滅多に食べることはありません。そのため中身汁が出される盆や正月は、中身汁好きの沖縄県民にとって楽しみの一つでもあります。

ホルモンのほかにもシイタケやこんにゃくなどが入った具だくさんの中身汁は、食べる直前にすりおろしたショウガとネギを入れて食べるのが定番です。

ミヌダル

豚肉の薄切り肉を使った沖縄の宮廷料理が「ミヌダル」です。見た目が真っ黒なので、初めて目にする人はびっくりします。これは薄切り肉の表面に黒ゴマのたれが塗られているからなのですが、たれをかけた後に蒸して仕上げるので豚肉の余分な脂も落ち豚肉の旨味が凝縮した上品な味が魅力です。

ミミガー

ミミガー

ミミガーは耳の皮のことで、沖縄では細切りにしたミミガーを酢の物などにして食べます。ミミガーには軟骨も含まれているので、コリコリとした独特の食感があります。最近では手軽に食べられるようにアレンジされたミミガージャーキーが人気で、土産物としてだけでなくビールや泡盛のおつまみとしても食べられています。

オーヌプニヌスル

オーヌプニヌスルは、ソーキ骨やテビチなどをじっくりと時間をかけて煮込んだ汁物です。昔は田植えの後や季節の節目などに食べていたもので、作り方はシンプルなのですが豚肉の出汁が効いた優しい汁物料理です。

出汁をとるために使う豚肉は塩漬けされていたものを使うのが、オーヌプニヌスルの作り方の特徴です。鍋に入れる前に塩抜きするのですが、ほんのりと豚肉に残った塩味が加わることで味が引き締まります。

ソーキ汁

豚のあばら骨を使った汁物といえば、ソーキ汁があります。沖縄そばのトッピングにも使われるソーキですが、これはしっかりとした味付けが特徴の味付け肉に分類されます。沖縄そばに使われるソーキは味がしっかりとしているのですが、ソーキ汁の方は昆布やダイコンと一緒に時間をかけて煮込んでいくため、優しい家庭料理といった印象です。

地元沖縄では大根の代わりにとうがんを使ったり、地域によっては青パパイヤを入れて食べることもあります。作る時は大鍋で大量に作るのが基本で、余って翌日に食べる時は葉野菜を加えて食べることもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする