沖縄リゾ結に招待されたら出席する?欠席する?判断の基準は?

リゾート結婚式

南国リゾートである沖縄でのリゾートウェディングにゲストとして招待された時、ご祝儀以外の費用をも考えるとすぐに返答できないのが本音。そこで出欠席の判断をする時のヒントを紹介します。

ゲストのほとんどが沖縄県外から参加する場合

ゲストほとんどが沖縄県外から参加する場合は、一般的なご祝儀の相場で準備をすることになります。本土のご祝儀相場は、ゲストの年代によって変わります。友人の場合は、20代で2~3万円、30~40代で3~5万円となります。

基本的にゲストの宿泊費・飛行機代は招待した側が準備するので、空港や式場までの交通費と衣装代などがご祝儀代とは別に必要になります。

ゲストのほとんどが沖縄県民の場合

ゲストとして参加する人のほとんどが沖縄県民の場合、ご祝儀の相場が本土とは違います。沖縄のご祝儀の相場は、一般的に1万円です。親族でも新郎新婦の叔父・伯母は少し高めになっていますが、それでも相場は2万円です。

ですからゲストのほとんどが沖縄県民の結婚式に友人として招待された場合は、ご祝儀は1万円を準備すればよいです。ただしここで注意しておきたいのが、「宿泊代・飛行機代はゲスト負担というケースが多い」ということです。この場合はご祝儀代よりも移動費・宿泊費の合計が高くなるので、出席する・しないの判断は難しくなります。

宿泊費・飛行機代が自己負担の場合はどうする?

招待されたものの会場までの移動費や宿泊費が自己負担となる場合は、「いつ結婚式が行われるのか」「結婚式の場所はどこなのか」によっても判断は変わってきます。

移動費で最も頭が痛いのは、沖縄までの飛行機代です。夏休みや大型連休中の飛行機代はオンシーズン価格となります。もちろん早めに予約をすることによって割引サービスがある場合もありますが、普通料金が高く設定されているのであまりお得感は感じません。

さらに沖縄でのリゾートウェディングといっても場所によってはさらに交通費がかかるケースもあります。

例えば同じ沖縄本島内でも、那覇空港がある南部エリアに会場があれば移動距離も少ないのでタクシー代もそれほど高くありません。ところが結婚式場が本島中部にある恩納村のリゾートホテルとなると、片道5000~6000円かかります。

美ら海水族館がある本部町のリゾートホテルとなれば、一般道で片道2~3時間かかります。沖縄自動車道を使っても片道90分かかりますので、タクシーで移動となれば片道7000~900万円かかります。

もちろん沖縄は離島県ですから、沖縄本島以外で結婚式が行われる場合もあります。この場合は飛行機の乗り換えが必要なこともありますし、船以外の移動手段がない場合もあります。ですから安い航空券を確保できたとしても、飛行機を降りてからの移動距離が長い場合はさらに追加費用が掛かるということを覚悟しておく必要があります。

沖縄ではタクシーを利用するよりもレンタカーを利用した方が安い

公共交通機関が車のみ(那覇市内の一部を除く)に限定されている沖縄では、レンタカーの利用料金が本土よりも安く設定されています。

またホテルと航空券がセットになったホテルパックにオプションとしてレンタカーを追加することが出来るプランもあります。こうした格安プランを上手く使えば費用を抑えることもができます。

夏休み期間前の7月なら出席した方がお得!

子供たちの夏休み期間中は、家族旅行のニーズが一気に高まるので宿泊費・飛行機代共にピークになります。ただし夏休み前の7月はピーク前なのでややお手頃なプランがあります。

ちなみに沖縄では6月下旬ごろには梅雨明けしているので、結婚式の日程と併せて沖縄旅行を計画することが出来ます。ちょっと早めの夏休みを満喫するつもりで出席するのであれば、この時期の沖縄リゾ婚は出席しても損はありません。

3月の結婚式なら絶対に出席した方がお得!

3月の沖縄は、一年の中で最も過ごしやすい時期です。下旬になると県内のビーチで少しずつ海開きが始まります。しかもこの時期は県内のホテルの宿泊費・飛行機代がかなりお得!ですから「結婚式に参加するついでに2泊3日の沖縄旅行を楽しむ」ということが出来ます。

ちなみにホテル代はシングルよりもツイン、ツインよりもトリプル、トリプルよりもフォースの方が1人当たりの宿泊費は安くなります。ですから友人と一緒に沖縄リゾ婚に参加するなら、ホテルを同部屋にして一緒に沖縄旅行を楽しむのがおすすめです。

沖縄のリゾ婚出席は「タイミング」と「場所」次第

沖縄のリゾ婚に出席する・しないは、結婚式の日程と式場の場所によって決めるのがポイントです。どうしても出席が出来ない場合は、地元に帰って来た時にお祝いのパーティーを友人たちと計画するのも一つの方法ですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする