金城町石畳道を歩く

沖縄を旅行する人なら、誰でも訪れるであろう首里城。その首里城のすぐそばに、歴史の道、金城町石畳道があります。趣のある道を歩いてみましたので、ご紹介いたします。

金城町石畳道とは

琉球王朝時代に、首里城から那覇港に通じる軍用道路として使われていた真珠道(まだまみち)の一部です。

真珠道とは、琉球王朝時代の16世紀に作られた首里から那覇港にかけての約9kmの街道でした。有事の際は首里城の軍隊が島尻間切の軍隊と合流し、那覇港へ駆けつけた軍用道路です。

首里城を見学した時は、軍隊や攻撃的な要素に私は全く気がつきませんでしたが、首里城にも軍隊があったのですね。

そのルートは、守礼門脇の石門から金城町石畳道、識名坂(しきなひら)、真玉橋(まだんばし)、石火矢橋(いしひやばし)、豊見城城下の東北側、小禄の丘の中腹を通り、那覇港の南側の垣花(かきのはな)の屋良座森城(やらざむいぐしく)に至るものだったと言われています。

金城町石畳道のスタート

真珠道

首里城の駐車場の向かい側に「真珠道」の石碑が立っています。琉球石を敷き詰めた風情のある石畳が続きます。

石畳

石畳の両側はふつうの民家なので、歴史と共存していて、以前訪れた鎌倉の町並みが思い出されました。

眺めの良いカフェは是非立ち寄りたいスポットです

石畳茶屋真珠

少し坂道を下ると、「石畳茶屋真珠(まだま)」が見えます。ネットでも評判のカフェは、是非とも立ち寄りたいスポットです。

石畳茶屋真珠テラス席

テラス席からは那覇の町並みを見ることができます。

景色

風も気持ちよく、湧き水の流れ落ちる音が涼やかです。

早速立ち寄って、「黒糖プリン」を注文しました。まずはそのまま食べてみると、黒糖の風味豊かな濃厚プリンです。

飲み物

続いて、添えられている黒糖シロップをたっぷりかけて食べてみました。黒糖の味が口いっぱいに広がりました。プリンはあちこちで売られていますが、今まで食べた中で、とびきり満足のプリンです。

今まで食べたプリンはプリンとカラメルソースが一体になっていなかったり、カラメルソースがないものもありました。ここのプリンはシロップとのハーモニーが素晴らしいです。うん。ここのプリンが一番おいしいと言えます。絶賛。

居心地のいいカフェですが、先を急ぎましょう。お会計の時にいただいたサーターアンダギーもおいしかったです。

サーターアンダギー

樹齢300年の大アカギ

石畳道を少し脇にそれたところに、樹齢300年の大アカギの木があります。アカギの木の周辺は、アニメの「トトロ」に出てきそうな雰囲気で、神様がいることを肌で感じます。

アカギ

木の前に案内板がありました。「このアカギは沖縄戦を奇跡的に乗り越えた木でとても貴重です。年にひとつだけ個々の願いが聞きあげられるとか、「考える力」が授かるところとも言われているそうで、地元の人々が大切にしていることがわかります。

石畳

アカギの木を見て、石畳道に戻ると坂道の勾配がとても急になります。ジーンズにスニーカーというスタイルなのに、転がり落ちそうになります。両側はふつうの民家なので、生活道路でもあるはずで、ここを毎日上り下りしている人はさぞ大変なことでしょう。

首里金城町村屋

首里金城町村屋

転がらないように歩いていると、赤瓦の古民家が見えてきました。ここは休憩所として整備されていて、無料開放されています。懐かしい感じに癒されますね。

金城町石畳道

もう少し坂道を下りると広い道路に出て、終わりとなります。

美しい植物がたくさん

石畳道の途中にはたくさんの植物があって、個人の家と思われるところに看板が立っていて、ちょっと驚きました。

バナナの木。

バナナの木

ブーゲンビリア。

ブーゲンビリア

月桃。葉はムーチーと呼ばれる沖縄のお餅を包みます。

月桃

極楽鳥花。

極楽鳥花

この花の名前がわからなくて、Yahoo!で「鳥みたいな花」で検索したら、一発でした。便利な世の中です。金城町石畳道は坂道を上ることも出来ますが、勾配が急なので、首里城側から下ることをオススメします。

転がり落ちそうなくらい急ですので、ヒールは厳禁です。雨の日はすべります。首里城へ行ったら、是非とも訪れて欲しいスポットです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする